徳島板野郡発 まるとくのロード、ブロンプトン、自転車の楽しさ&写真など


by bluesofbicycle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
雑記

雑記
自転車
風景
おもしろ徳島
ポタリング
Bike
いいとこ徳島
うまいもん徳島

交通手段
かっこいいロード
好きなもの
運動
買い物

カメラ
Angela Aki

お掃除 断捨離
災害
食べ物
未分類

最新の記事

パーツ交換?
at 2013-07-30 16:00
スムージーを飲みに・・ポタ
at 2013-04-16 16:18
おごちそう
at 2013-04-01 14:03
Oh!
at 2013-03-25 16:47
乗れない理由?
at 2013-03-06 16:29

フォロー中のブログ

神戸ポタリング日記
しまなみ☆ドリチャリブロ...
tac-phen(タクフ...
40代どこまでやるの?
Tomの気まぐれブログ
「アメリカドラマ」と「自...
海風に吹かれて
山六興業
東灘からポタリング
一隅を照らす・写心なり
黒豆ころころ転がってます

外部リンク

以前の記事

2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 09月
2008年 07月

ライフログ


サイクリング・ブルース


かみさまからのおくりもの


佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)


自転車で遠くへ行きたい。


野宿大全―究極のアウトドアへの招待

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:自転車( 74 )

おもしろ自転車たち

この間雑誌をペラペラめくっていると

こんなものが

b0157942_1204693.jpg


お母さんが子どもを乗せています
こんなんで育てられた子どもは喜ぶでしょうね
幼稚園くらいまででしょうか?子どもが乗るのは

子どもが乗らなくなったら、荷物載せれそうです

こんなんもありましたよ
b0157942_122949.jpg


そこのカリスマOLさん おひとついかがですか? ピンク色です

普段使いには
b0157942_1225626.jpg

こんなのもあるそうです

自転車もいろいろあって楽しいですね
[PR]
by bluesofbicycle | 2011-10-28 06:10 | 自転車

Bromptonはいいなあ

わたしはブロンプトンに乗って3年近くなる

初めはまったく、その存在を知らなかったし興味もなかった
b0157942_15584330.jpg

しかし、あるときに出会ったブログ 神戸ポタリング日記 を読みながら、次第にこのブロンプトンの魅力に惹かれて購入した

主人は値段を聞いて怒っていたが、彼も数日後には出張に持っていくようになった

この折り畳み能力とコンパクトさ、気楽に輪行できる手軽さ

改めてイギリスの知恵はすごいもんだなと感心した

そんなに距離は乗ってはいないのだが、この自転車のゆるさが好きである

後輪のメンテには少々困っているが・・・それも愛嬌のうち

この自転車から様々な方々との輪が広がっていった

自転車仲間と出会い楽しく過ごした

一緒にポタリングすること 
ポタリングという言葉さえ知らなかったのに、今では当たり前のように使っている

おもしろかったのは、出張に持っていったとき、出先で仕事が終わってから地方の道を走ったり、スーパーに行ったりしたこと バスに乗るよりもはるかに気持ちが良かった

ロイヤルタイムって感じで得した気持ちになった

今もこの自転車に乗ると、ちょっとうれしい気持ちになる
いい自転車だと思う
[PR]
by bluesofbicycle | 2011-10-04 20:46 | 自転車

自転車人養成自転車??

先日親子ポタの記事を掲載しましたが、そのときに思ったのは

子どもの自転車 そろそろ変え時?

子どもも  「サドルも上げられないし小さいから新しいの欲しい」 とのこと

わたしがみても、そろそろだなと思います

で、主人は、ブロンプトンに乗せたら?と笑っていいますが、

乗るだけなら130cmの子どもになんとか乗れるでしょうが、管理が出来ません

条件として
1.子どもが自分で管理できるもの(出し入れを自分でできる)
2.保管は室外で
3.値段は3万円以下で

となると・・・市販のママチャリ OR キャラクター自転車の大きめしかないのでしょうか?

星飛雄馬ならぬ自転車人養成自転車というものは存在するのでしょうか?
b0157942_14374669.jpg

皆様のご意見お待ちしています
[PR]
by bluesofbicycle | 2011-09-29 18:16 | 自転車

旅心誘う・・・

ランドナーの後輪につけるバックをつけてみた
b0157942_12354557.jpg


なんかわくわくしてきた

b0157942_12362782.jpg


あっちからもこっちからも同じ写真を何枚も撮ってしまう

b0157942_12372859.jpg

旅心が出て気分は上昇・・・もやもやがどこかへいった

でもちゃんと乗りやって思う気持ちも・・・(;?)

乗ってこその自転車 乗りましょう わずかでもと自分に言い聞かせる
[PR]
by bluesofbicycle | 2011-03-28 12:39 | 自転車

自転車を肴に飲む・・・なんちゃって

b0157942_1064479.jpg

わたしは下戸なのだが、でも自分の所有する自転車を見ると時を忘れてしまうことがある

自転車を肴にいっぱいやりたい気もちだ

b0157942_1083029.jpg


これは中毒症状のあらわれ??

そういった御仁も多数おられることを聞いたことがあるが・・・
[PR]
by bluesofbicycle | 2011-03-01 10:09 | 自転車

マイブーム

近頃はちょっとこんなことにおもしろがっている
b0157942_1114565.jpg

カロリーが表示されるサイコン・・・

ローラー台も1時間ほど乗ると400キロカロリーくらいは消費されるよう

カップヌードルライトが340kくらいだから、軽食分くらいかな?

カロリーを見ながら、もうちょっと・・・っと乗っている。

気休めかもしれませんが・・・
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-12-08 11:05 | 自転車

定番物のよさ

いろんな新製品が発売される。

これよりもあれがいいと簡単に言う人もいる。でも新製品の土台となっているのは定番物だ。それを真似してちょっとデザインを変えて作っているにしかすぎない。

特にサドル、シューズ、ウエアなど体に触れる物は“これ”という定番物が存在する。

サドルでいえばサンマルコ、セライタリア、フィジークなど。

いいものはたくさんの人が欧米や日本などで何万キロと使い、いいものといわれている。長年残っているものはそういうものだ。

わたしはビギナーで時間もお金もそんなにないので、あれこれと浪費することができない。

だから、数多の物の中で、情報の中で何を選ぶか重要であるが、悲しきかな初心者であるために情報の良し悪しさえもわからないことが多い。

そういうなかで定番物は初心者でも安心して手を出せる

わたしは今フィジークのサドルとSIDIのシューズを使っている。確かにこれよりもデザインがいいものはあると思う。でもわたしに合っている物はこれだと思っている。

初心者でもクリート調整(結構難しいと思うんだけど・・・)や位置の決定が容易で、靴のフィット感が良いもの。


老舗の鰻屋が突然、うどんやラーメンを出し始めたらどうだろう?

きっとその店の味に異変が起こることはグルメの方々ならよくご存知だろう。

物づくりも同様ではないだろうか? サドルメーカーが急にシューズを出し始めたら、要注意だとわたしは思っている。
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-12-02 16:47 | 自転車

ロード乗りに年齢はなし

いやあ、今回の怒涛の105kmだけではなく、自転車に乗っておられる方をみていると驚かされる。メットとアイウェアをしていると年齢がわからないのだ。

b0157942_1472422.jpg
シューっとわたしを抜いていかれた方々の中には還暦を越えた方が2人もおられた。お二人とも完走された。一人は8時間40分、もうお一人は10時間。

話を聴くと75歳でロードに乗られ、新車を購入予定の方がおられるとのこと。

メットを脱ぎ、アイウェアをはずすと、えっー、頭 真っ白 の方もおられる。

改めてすごいと思わされる。というか、この自転車という乗り物、ここまで奥が深く、楽しませ、人を健康にする力があるかと思わされる。

徳島は糖尿病罹患率、交通事故数とも日本でもトップクラスだ。
この県を変えるには自転車しかない 
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-11-18 13:55 | 自転車

自分史上最高の 南伊豆100km

今回の南伊豆(ツール・ド・南伊豆)のテーマは
b0157942_1055596.jpg

自分史上 最高の自分を求めて

9月の講習会は100kmを遊べるようになることをめざしていた。だから、今回105km、8時間以上ロードバイクに乗れたのは、わたし的には目標達成となる。

でも、もうちょっと、走れるようになりたいなって思う。

他の参加者の方々の美しい走り方、フォーム、ペースなどを見ていると、涎が出そうになる。

ロードバイクにはまってしまったのだろうか?
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-11-17 10:59 | 自転車

怒涛の南伊豆 ♪天城越え♪

今回参加したのは、ツール・ド・南伊豆140km
第1区間:弓ヶ浜~河津町(24km、総標高差285m) 走行距離24km、 総標高差285m、海岸線の丘陵

b0157942_119443.jpg
スタート地点は伊豆半島の最南端の「日本の渚百選」にも認定された弓ヶ浜海岸
スタートしてから駿河湾沿いの海岸線を北上、10km地点で黒船ペリーで有名な下田港、海水浴でにぎわう白浜ビーチ、を経由して、河津さくらで有名な河津町に到着。

この第1区間は多少の起伏はあるものの、ほぼフラットで、これからの険しい上りに備えてのウォーミングアップ約60分といったところ。ここまでは全員で走ろうねという区間。
ここまで講師の後ろについて、走れるようにトレーニングしてくださいとアドバイスをいただき、眉山などで走っていたが、なんとか遅れながらもついていくことができた。

第2区間: 河津町~天城峠~伊豆市(34km、総標高差640m)区間走行距離34km、 総標高差640m、山岳コース

最初の長い登坂。初めの5.3kmは勾配1%のゆるい上りだが、下佐ヶ野交差点から天城峠(距離9.6km、総標高差585m、平均勾配5%)が始まり。1時間前後は「もがく」ことになった。

b0157942_1110066.jpg
♪天城越え♪と歌いつつ登っていくが、だらだらとのぼりが続いていく。足をついても再スタート可能。シッティングで登り切れる。だが、長い。初めは元気だったが、8kmを越えたあたりから、なんじゃこりゃの世界。

おまけに
b0157942_11104778.jpg

こんな看板を見たら一気に心がしぼんでしまいました。えらいところに来たなと思って歩いていると、下りになった。天城峠からの下り9.4km

第3区間 伊豆市~船原峠~仁科峠(20km、 総標高差875m)区間走行距離20km、 総標高差875m、山岳コース

2番目の長い登坂。「西伊豆スカイライン入口」まで距離8.8kmのゆるい上り、そこから船原峠まで距離2.7km、平均勾配5%の登り。

船原峠で西伊豆スカイラインに入り、稜線沿いに8.8kmアップダウンを繰り返し、仁科峠に到達。

ここでほぼ力は費やされており、歩きに入りました。天城での疲れがひびいています。
仁科峠周辺の展望は最高で、西側の山々の向こうに駿河湾があり、その奥に富士山が浮かんでいました
b0157942_1116287.jpg
。仁科峠の標高は900mでツール・ド・南伊豆コース中もっとも高い地点です。
景色はきれいですが、楽しむ余裕がありません。

ここでわたしは痛恨のコースミス。仁科峠で心萎えたわたしにミスが出ました。左折するところをそのまま下ってしまい、少し行って気づきまた引き返しましたが、もちろん徒歩。40分くらいは上り坂あるいたかも。

第4区間:仁科峠~松崎町(25km、 総標高差20m)区間走行距離25km、 総標高差20m、山岳コース下り

標高900mの仁科峠から標高0mの松崎町まで25km一気に下ります。

仁科峠から10km下ると「わさびの駅」売店があり、地下1000mから汲み上げている深層水などおいしい水を100円で補給できます。

細くながーいくだり。かなりスピードが出ましたが、下ハンでブレーキをかけながらゆっくりと安全運転で下っていきます。

その後も仁科渓谷沿いに下り、松崎町に入ります。

第5区間: 松崎町~弓ヶ浜ゴール!(42km、 総標高差900m)区間走行距離42.0km、 総標高差900m、海岸丘陵

松崎町道部交差点からビーナスラインに入ります。これは伊豆半島で最も美しい海岸道路です。伊豆半島の最南端石廊崎までに8つの漁港を通りますが、丘を越えて漁港に降りる・・・を8回繰り返します。

景色に見とれている余裕はありませんでした。

この松崎あたりで午後4時近く、ここから最低ゴールまで2時間はかかるので、街灯もなく道も狭いところを走るのは危ないということで、ピックアップしてくれることになりました。

105kmくらいで、終了しました。
自分的には、かなり、相当がんばれたと思います。
天城、船原、仁科、この3つの峠を越えたのは(歩きも含めていますが)、良くやったと思います。
南伊豆の地形、コース、大関級だと思います。

11名中、10名が完走。トップは6時間40分で2人、朝7時に出て2時頃にはついていたからすごいです。

真っ暗な中到着すると、みんなが外で待っていてくれて、迎えてくださいました。うれしー

お風呂に入って、夕食は南伊豆のごちそうが一杯出てきます。
みんなでいろいろ語り合い、夜12時近くまで話がつきませんでした。

これで一皮むけるかしら?
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-11-16 11:30 | 自転車