徳島板野郡発 まるとくのロード、ブロンプトン、自転車の楽しさ&写真など


by bluesofbicycle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
雑記

雑記
自転車
風景
おもしろ徳島
ポタリング
Bike
いいとこ徳島
うまいもん徳島

交通手段
かっこいいロード
好きなもの
運動
買い物

カメラ
Angela Aki

お掃除 断捨離
災害
食べ物
未分類

最新の記事

パーツ交換?
at 2013-07-30 16:00
スムージーを飲みに・・ポタ
at 2013-04-16 16:18
おごちそう
at 2013-04-01 14:03
Oh!
at 2013-03-25 16:47
乗れない理由?
at 2013-03-06 16:29

お気に入りブログ

神戸ポタリング日記
しまなみ☆ドリチャリブロ...
tac-phen(タクフ...
40代どこまでやるの?
Tomの気まぐれブログ
「アメリカドラマ」と「自...
海風に吹かれて
山六興業
東灘からポタリング
一隅を照らす・写心なり
黒豆ころころ転がってます

外部リンク

以前の記事

2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 09月
2008年 07月

ライフログ


サイクリング・ブルース


かみさまからのおくりもの


佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)


自転車で遠くへ行きたい。


野宿大全―究極のアウトドアへの招待

検索

タグ

ブログパーツ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

甘いものがやってくる

甘いものが近寄ってくる~

この半年から1年に我が家から徒歩5分以内のところに、パン屋さん、ケーキやさん、うどんやさんが次々と移転してきた。マックもできた。
b0157942_19454525.jpg

炭水化物系ばかりだ。そして、さらに今新しくおいしいと有名なケーキやさんが移転してくる。
うちの家に寄ってこないでといいたい。それだけ近年町化されつつある有力な土地に住んでいることになるのだが、田んぼがケーキやさんに変っていく。

そしてわたしの自己軽量化の意志を阻もうとする。ちなみに徳島は全国でも糖尿病の人が多いことで有名なところでもある
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-30 19:46 | うまいもん徳島

旅自転車

b0157942_12183431.jpg
ついにあこがれのランドナーをゲットしました。VIVALOです。20年ぶりに制作とあってビルダーの日下さんやS瀬くんの力の入れ具合がすごかったです。ランドナーとスポルティーフの間 の子のイメージで制作されました。部品は現在使われているものを中心にしています。
b0157942_1224275.jpg
Comfortのブログ1・21に詳しくUp中です。

乗りこなせるかな?今家の周りをちらほら走ってます。でもやっと旅自転車に出会えました。どこでも出かけよう。旅自転車!!
家を出よう!
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-26 12:31 | 自転車

Dream 

まさにモールトンは夢・メルヘンだろうな
b0157942_17354182.jpg

[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-25 17:36 | 自転車

いつでも山を 田部井淳子さん

田部井淳子さんはエベレストに女性で初めて登頂した方だ。

今は60歳を越えられているようだが、山登りに年齢は関係なしと言われて、自分に合わせた登山をされている。
b0157942_17104495.jpg
こういう本を読むと心が楽しくなるし、登山してみたいなって、影響を受けやすいわたし。

いつでも山を、いつでもサイクリング

やっぱりわたしはアウトドア派なのかなあ
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-25 17:11 |

夢 自転車 メルヘン

先日神戸須磨のコンフォートの自転車マスター?(何とお呼びするのだろう)とMTBのお話しをした。
ロードもいろいろあるがMTBはさらに種類や用途別などで分けられ選ばれるそうだ。
以前から自分に合うMTBはどんなものがいいか、クロカン用?サスも前だけかフルサスかブレーキは?疑問があった。
私が所有している自転車 もご存知なので、マスターらしいアドバイスを頂いた。似たような種類でなくまさにMTBとはっきりしたものがいいのではないかといろいろカタログを見せてくださった。(あくまでも私へのアドバイスであって人により違ってくるだろう)
自転車は奥が深くまた、夢だ、メルヘンだと思った。自転車を買う時にはいいショップ選びが不可欠だと痛感した。
特に女性は1人でも行けて、わからないことを丁寧に教えてくれること、気さくに話せると助かる。もちろんうわべだけでなく、自転車をよくわかっている人のショップがいい。
そういう意味でコンフォートはいいショップだと思う。カフェつきだし…
家から近くなら尚のこといい。
今回は話しのみでもちろん買ってませんから…
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-24 15:24

男鹿和雄展

先日神戸に行った時、男鹿和雄展(トトロの森を描いた人)に行った。
兵庫県立美術館、平日を狙ったが、わりに人が多く驚いた。
彼の名前は知らなかった。でもトトロの森を描いた人のサブタイトルでわかった。画集を見た。アニメより下書きの鉛筆スケッチが印象的だった
特に草や木のスケッチは勉強になった。
たくさんの作品が展示されていた。まさに宮崎アニメを支えた屋台骨であり、彼なくして、宮崎アニメのあの雰囲気は描けなかっただろう。
1人の画家としての作品も見られて良かった。何よりもあの絵を誰が描いたのかわかって良かった
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-22 18:28

軽量化 物と自分

近頃ポタへ出かけるときは荷物は少なく軽めに、服装も薄くて少ない重ね着を心がけている。

今年のテーマは軽量化だ!!

この間の牡蠣ポタではHIDEさんが、またまたびっくり、輪行袋の軽量化をご披露してくださった。その輪行袋は牡蠣の爆発よけエプロンとしても使用されていた。
HIDEさん曰く「いつも研究している」と
その熱意はすごい。

わたしもHIDEさんにならって軽量化をはかっている。この間新年初ポタでは「荷物少なくなってびっくりした」とおほめの言葉をいただいた。牡蠣ポタではお土産をいれるため、キャラダイスサドルバックをつけたので「荷物多いね。」とのことだった。確かに使わないものを心配して入れたり、お土産用の袋を入れたので大きく見えた。

しかし、本当の軽量化は自分です。こっちのほうは一向に進んでいません。最近は甘いもの食べてしまいます。自転車乗ってる割には体重は減らずにいます。かえって増えました。

ためしてがってんでダイエット特集あるので、今日はそれを見ることにします。
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-21 12:01 | 雑記

Goodbye I miss you.

今日は朝からKAWASAKI SHERPA のお掃除をし、午後から中古バイク買取業者をまわった。
査定額は考えていたものの7割くらい。買い取り価格は低めだ。しかし、中古車販売の価格は新車とそう変らないから、結構低く買い叩いて、高めに売るんだなあとの印象。

バイク売りはスムースに終わって、その場で引き取ってもらった。なんだか寂しかった。

寂しい気持ちでブログを見ると、垂水の名店Totoさんのマスターが亡くなったとの知らせを聞いて、ダブルショック。一期一会の言葉のように、出会いがあって、別れがあって1度の出会いは大切なんだなと思った。

画像容量がぎりぎりで写真がUPできなくなってしまった。どこを削ろうか?動画関係かな?
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-20 18:15 | Bike

牡蠣ポタの知恵

今日は坂越で2度目の牡蠣ポタに参加させて頂いた。今回は朝実家から須磨まで自走した。本当は明石までの予定だったが、震災のテレビを見ていたら出発が遅れてしまい、須磨までに変更。
牡蠣ポタの時は走行距離は少ないが、しっかり坂登りが1つある。
張り切り頑張りましたが、心拍数あがってしんどかった。マイペースですればよかったかな。
坂を越えると港へ

牡蠣も2回目となると、いろんな知恵が… 牡蠣爆発回避ようウェアをichiroさんが自作しびっくり。
他の方々、私もにわかづくり新聞ウェアで挑みました。
味は美味しかったですし、実が大きくて満腹。
b0157942_1216468.jpg

食べた牡蠣のから
b0157942_12155472.jpg


しばらく牡蠣要りません

帰りには坂越の町を通り抜け、酒蔵やさんに・・・
部長が大切そうにお酒を買われていました。

もう一度牡蠣ポタがあるようです。そのときは別バラコースも企画される予定らしいです。
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-17 22:54

しあわせ運べるように For 1.17

この時期になると震災を思う。
震災はいつも覚えているけれど、ひときわこのときになると思わざるを得ない。

わたしも当時は20代後半で、つぶれたマンションを前にこれから父母とどうやって生きていこうか?と思ったものだった。でもここまで生きてこれ、家族そろって暮らすことが出来感謝している。

この歌を歌っている森祐理さんも震災で大学生の弟さんを亡くされた。瓦礫の中からご自宅に帰られた亡骸を見たとき、『おねえちゃん、僕は死んでへんで。もっといいところに行ったんや』という弟の声が心に聞こえたと言う。神様が聞かせてくださったのだと森さんはいう。それを契機に彼女自身立ち上がり、今は刑務所訪問、また、中国の地震被災者のためのコンサートなど、活動をするようになった。

友人が亡くなった。親しくお世話をしていた子どもさんが、亡くなった。いろんな寂しいこともあったけど、その分人の温かさ、当たり前のことのありがたさが、わかるようになった。宝物を見つけた。
[PR]
by bluesofbicycle | 2010-01-15 09:24 | 風景